非課税枠 上手な使い方

非課税枠の上手な使い方

NISAとは、少額投資非課税制度のことで、投資において、売却益と配当への課税を一定額非課税とする制度です。
この制度を利用するためには、金融機関でNISA専用の口座を作る必要があります。 そしてこの制度における非課税枠には決まりがあり、 活用するためにはその特徴をよく理解していなくてはなりません。

bank

まずは非課税枠の上限が年間100万円であること、そして使用しなかった非課税枠は翌年へと繰り越せないことに注意が必要です。
例えば80万円分の株式を購入し、非課税枠を20万円分残した状態であっても、翌年には新たな100万円分の非課税枠が設定されるため、使用しなかった20万円分を使用することはできません。
ちなみに、2016年にはこの非課税枠の上限が120万円へと増額される予定であるため、最新の情報に注意する必要があります。

また、ひとつの非課税枠の期間は5年間と定められており、その期間の中で売却した場合でも、売却分を再利用することはできませんし、5年間の非課税期間終了時にはその枠から移動させなければなりません。
具体的には別の口座への移動、売却、新たな非課税枠への移管(ロールオーバー)という手段があります。ただ注意が必要なのは、ロールオーバー時での時価が100万を超えている場合、超過分はロールオーバーできないということです
。 その場合は超過分を別の課税口座へ移行するか売却する必要があります。

以上より、非課税枠を活用するには最低限覚えておくべきポイントがあると言えそうです。
ひとつは少額であっても、購入と売却を繰り返した場合、すぐに非課税枠を使い切ってしまう可能性が高いということです。
非課税枠は期間中に売却しても再利用ができないというのは忘れないようにしなければなりません。そしてひとつの非課税枠の期間が5年間であること。
5年後にどうするかということをよく考え、パターンを想定して取引を行うことが、非課税枠を上手に使うことにつながっていくと言えるでしょう。

↑ PAGE TOP